姫カタクリ祭り4月初旬

半世紀守り続けた里山 早春の可憐な春植物 カタクリの郷

カタクリの寿命は、長いもので50年!

発芽した1年目は、細い糸状の葉だけ、2~7年目までは、だ円形の葉一枚だけで、8年目頃、鱗茎が大きくなり、ようやく2枚の葉が出て花をつけます。

受粉は、吸蜜に訪れるハナバチ、ギフチョウなどが送粉者(ポロネーター)が貢献し、種子は、アリが運搬して、生息地を広げます。

開花時期は、3月20日頃から一ヶ月ほど。4月の下旬には花を落とし、広葉樹が葉を茂らせ、林床に光が入らなくなる初夏に葉を失い眠りにつきます。1年間の内、春の数ヶ月しか地上に姿をあらわさない里山を代表する春植物である。

近年、カタクリは、減少しています。春の里山の林床に太陽の光が入らないことが原因です。かつては、薪や落ち葉を集めるために、秋の里山に入り、枝や落ち葉を集めていたために、冬の里山の林床は、きれいで見晴らしの良いすがすがしい里山でした。

最近では、里山の放置が進み、管理されなくなったことで、カタクリは絶滅の危機に瀕しています。

詳細情報

開催日 4月初旬開催
時間 県天然記念物「松岩寺山桜」の開花にあわせて開催します。
場所 下君田、緑の郷コミュニティセンター周辺
住所 高萩市下君田755 緑の郷コミュニティセンター
駐車場 県道片側への駐車をお願いします
駐車台数 20台
主催 (一社)高萩市観光協会
電話番号 0293-23-7316 観光商工課
0293-23-2121 観光協会
0293-28-0401 緑の郷コミュニティセンター