玄そば最高峰?そばオーナーになろう!体験型観光農園8月お盆前から11月末まで

オーナー会員によるそば栽培とそば打ち体験

そばは、タデ科ソバ属の1年草で、気候に対する適応性の幅も広く、山地でもよく育ちます。

昼と夜の寒暖の差がある場所で育つと、甘味が増し、質のよいデンプンが作られます。そばの風味や食感は、このデンプン質が左右します。

常陸秋そばは、“玄そばの最高峰”として知られているのは、こうしたそばの特性が活かされているからです。

2010年からそば作り、体験型観光農園をスタートさせました。

8月の種まきに始まり、畑の草取り、刈り取り、収穫、脱穀などの作業を行い、そばを育てます。

そばの収穫後は、緑の郷コミュニティセンターで、そば打ち体験会を行い、地元産の野菜がたっぷり入ったけんちん汁と麺つゆの2種類で新そばの味を楽しみます。

そばを通じた、皆さんとの交流を楽しみにしています。是非、そばのオーナーになって、一緒にそばを育てませんか。

H29年度は、8/6、9/17、10/8、22、11/26の5回行いました。

詳細情報

開催日 8月お盆前から11月末まで開催
時間 9:00~13:00
場所 栗林、ソバ畑
住所 緑の郷コミュニティセンター周辺
駐車場 敷地内あり
駐車台数 30台
主催 下君田郷振興会
電話番号 0293-28-0520(鈴木勇)